FC2ブログ
KUNSANの大連生活的日記
1年間(2008.4~2009.3)の大連生活的日記&帰国後のよもやま話etc.
プロフィール

DALIAN93

Author:DALIAN93
你好!看看我的日记吧!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度目の西安。
先週1週間、仕事で西安に出張していました。日本がこんな時期に・・・という気持ちも正直ありましたが、「経済の活性化が復興の力になる」と信じ、自分の出来ること&やるべきことを頑張ろうと職務を果たしてきました。中国でも新聞・テレビ(CCTV)では毎日地震関係のニュースが流れ、特に原発事故に対する報道には神経過敏、中国各地のスーパーでは塩が買い占められている状況です(ただし、ここ数日は情報統制のせいか、それほど目立った報道はされていないよう)。

とはいえ、今回西安で出会った人々はみな(お土産屋のおばちゃんに至るまで)、私たちが日本人だと分かると、今回の地震に対してお見舞いの言葉をかけてくださいました。そして、被害に遭われた方々の秩序を保った冷静な対応に感嘆していました。今回、客観的に外から日本を状況を知ることによって、日本人であることを誇りに思えたし、「日本は世界の一部」なんだと改めて感じた次第です。

さて西安。大連駐在時の2008年5月(ちょうど四川大地震もこの時期=5/12でした)にプライベートで訪れて以来、2度目の西安です。以前は30度を超す暑さでしたが、今回はちょっと肌寒い気候。特に寒暖の差が激しく、おかげで風邪をひいてしまいました。。。時間の合間にちょっと観光。前回は行かなかった(当時は存在しなかった?)「曲江池遺跡公園」を夜のそぞろ歩き。

20110316.jpg


前回食べる機会がなかった西安名物「羊肉泡沫」もいただきました。西安は、歴史ある古都(日本で言うと京都のような)で、街中は大変賑やかな一方で歴史に根ざした自信や落ち着きが感じられます。まさかこの短い間に2度も訪れることになるとは思いませんでしたが(笑)、京都で大学生活を送ったKUNSANにとっては何となく親しみや懐かしさを感じさせる都市です。

(参考)前回西安訪問時の記事
「労働節休暇。」
「兵馬俑。」
「第0番札所。」
「旅の余韻。」

コメント
お疲れ様です。
ご苦労様です。日本人でよかったと思います。そうですね。私たちにできるのはボランティアではなく、普通に生活して買占めなどをせず、冷静に対応し、経済を活性化していくことですね。”しーなーのよーる♪♪”って歌いたくなるような風景ですね。すばらしい!!
[2011/03/21 20:21] URL | えっちゃん #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
えっちゃんさん、どうも。無事に帰国しました。
いろいろ考えさせられる1週間でした。
結論としては、明日からまた自分がやるべきことを
精一杯頑張る、それだけです・・。
[2011/03/21 23:49] URL | KUNSAN #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dalian93.blog62.fc2.com/tb.php/379-1ad29a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。