FC2ブログ
KUNSANの大連生活的日記
1年間(2008.4~2009.3)の大連生活的日記&帰国後のよもやま話etc.
プロフィール

DALIAN93

Author:DALIAN93
你好!看看我的日记吧!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅順旅(その3)。
旅順駅の次は、旧旅順ヤマトホテルへ。ここにも大連市重点保護建築のプレートが架かっていました。それによると、1903年、日本侵略時に「旅順大和旅館」として建築されたとあります。現在は軍隊の招待所=安宿となっており、外観だけ見ると、同じ旧ヤマトホテルでも中山路の大連賓館(「中山広場。」参照)とはかなり趣きが違いますねー。ちなみにKUNSANが一生懸命デジカメで撮影していると、「ただの招待所なのに何が珍しいの?」みたいな顔で地元の女性が脇を通りすぎていきました(笑)。

20100117007.jpg


20100117009.jpg


中国の招待所って、確か日本人は泊まれないはず?(しかもここは軍隊の招待所だし)ですが、ガイドさんが中に入っても良いと言うので、古びた階段を上って2階のフロント&ロビーをのぞかせてもらいました。アンティークと言えば聞こえはいいですが、単に手入れをしていないだけ?・・・。でも、100年以上も前の建物が今だに現役というのは何か嬉しい気持ちにもなってきます。

20100117011.jpg


20100117012.jpg


プレートには、「1927年、日本のスパイ、川島芳子(東洋のマタハリ)がカンジュルジャップ(モンゴル族?)とここで結婚した」、そして「1931年、清廃帝溥儀(ラストエンペラーですね)がここに宿泊した」という記述もありました。古ぼけた招待所のように見えて、実は「重大な歴史の証人」でもあるんですね。そういえば、次回(1/27)のNHK「歴史秘話ヒストリア」は川島芳子を取り上げるそうなので、復習のためにも是非チェックしたいと思います。

(その4につづく。)

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dalian93.blog62.fc2.com/tb.php/305-39d3aed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。