FC2ブログ
KUNSANの大連生活的日記
1年間(2008.4~2009.3)の大連生活的日記&帰国後のよもやま話etc.
プロフィール

DALIAN93

Author:DALIAN93
你好!看看我的日记吧!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山東半島めぐり(前編)。
旅順~煙台間のフェリーの旅から帰ってきました。大連(旅順)と煙台は黄海を挟んだお向かいさん。地図で見ると意外に近いことに驚きます。行きは6時間半かかりましたが、潮の流れの影響なのか、帰りは夜の10時に煙台を出発して早朝3時半頃には旅順に到着(所要時間5時間30分)。ちょっと仮眠をしている間にあっという間に着きました。

今回の旅は煙台を基点に山東半島東部を気ままにドライブ。まずは中国沿岸部では最東端に位置する成山頭へ。

20090313011.jpg


20090314020.jpg


良い天気には恵まれたものの、突端で海からの冷たい海風に晒されてサブいサブい(笑)。この地はかつて秦の始皇帝も訪れたことがあるということで兵馬俑っぽいモニュメントがあったり、シュールな仏像たちがあったり、なかなか中国っぽい雰囲気が漂うテーマパーク(?)でした。

煙台から西へ1時間ほど走ったところにある蓬莱へ。ここには、中国四大名楼の一つ、蓬莱閣があります(残りの三つは、黄鶴楼、岳陽楼、滕王閣)。蓬莱には仙人が住んでいたという伝説もあり、「八仙渡海」という故事もこの地が発祥なんだとか。石段が多くて上るのに疲れますが、高い所から眺める景色が最高でした。

20090314031.jpg


20090314039.jpg


蓬莱では黄海と渤海を座標的に分ける「黄海渤海分界点」(画像の左側が渤海、右側が黄海)が印象的でした。奇しくも、山東省で日本語を勉強している学生グループと遭遇。分界モニュメントの前で一緒に写真を撮って、二つの世界が一つに交わる感覚を実際に体感しました。

(後編につづく・・・。)


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dalian93.blog62.fc2.com/tb.php/240-401dfe78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。