FC2ブログ
KUNSANの大連生活的日記
1年間(2008.4~2009.3)の大連生活的日記&帰国後のよもやま話etc.
プロフィール

DALIAN93

Author:DALIAN93
你好!看看我的日记吧!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2008年。
毎年大晦日には、自分のブログ記事を1年分読み直すことにしています。感覚的には、あっ!という間に過ぎているように思っても、実際は色々な場所に行き、色々な人と巡り会い、色々なことを経験し、感じ、学び、時にはダウンもしましたが(笑)、充実した1年間だったなぁーとしみじみ。。。

ということで、今年最後のブログも「大連2008年大晦日の風景」で締めたいと思います。

1231004.jpg

労働公園の中に人工雪で作られた簡易ゲレンデです。客が全くいなかったのでオープンは来年かな?スキーは滑れない高所恐怖症のKUNSANですが、これぐらいの緩やかさだったら大丈夫かも・・・。

1231017.jpg

これまた労働公園内の池です。最近寒い日が続いているので凍っていました。「この上、歩いても大丈夫なんやろか・・?」と思っていたところ、ジャストタイミングで優雅に氷上散歩するオジさんが通りがかりました(笑)。

1231002.jpg

春節はもう少し先ですが、早くもお正月ムードなモニュメントが。中国ではお正月を2度楽しめるのがいいですねー。ちなみに背後の提灯のようなものは、中国ではポピュラーなお正月飾りの「紅灯」です。

改めまして、いつもこのブログに遊びに来てくれている皆さま、
今年一年大変お世話になりました。
来年も引き続きよろしくお願いします!



スポンサーサイト
西安路。
大連の副都心と言われる西安路。普段の生活エリアではないので、今までほとんど足を運ぶことはありませんでしたが、こんなに面白いスポットを見逃していたとは非常可惜!

興工街から黄河路に向かって西安路を南下すると、狭いエリアの中にウォルマート、友誼商城、長興市場、百盛(パークソン)、マイカル、カルフールなどといったショッピングセンターが集中していることに驚かされます。人通りから言うと、大連最大の繁華街と言われる青泥洼橋周辺より多いのではないかと思うぐらいです。

1230020.jpg


長興市場は、地下1階は書店(たくさんの書店が集まっている)、1階は食料品(生鮮野菜、肉、海鮮など)、2~3階は電子城という構成になっております。正面からの画像では分からないかもしれませんが、奥行きがかなりあってスケールが大きい!特に地下1階と1階はまさにくて奮します(笑)。ちなみに地下1階の書店の中には漫画を専門に扱っている店も。日本の漫画では、名探偵コナン、ドラえもん、スラムダンク、ちびまる子ちゃんなどいった作品の中国語版がありました。でも、全体的に見ると、学生用の参考書や辞書を売っている書店がほとんどで、しかも買い求めているのは、学生本人ではなくて両親と思われる年配者が多いのが面白い。小学生でも年末に試験が行われるとあって、教育熱心な中国の一面が垣間見られます。

久光大連。
1230010.jpg


旧イトキン百貨店跡地に進出した久光大連百貨店。外から眺めている限り、まだ工事中かと思っていたんですが、実は1~5階までは既にオープンしていました。普通の感覚だと全館完成してからオープン!なんですけど、傍らで工事をしながら準備が出来たテナントから順次営業するところは、いかにも合理的な中国っぽい(笑)。久光から道を挟んだ対面には、中国を代表する大企業、大商集団の「新馬特」「大連商城」がドデンと構えているだけに、「どれだけ持つかな~?」というのが正直な感想です。。。

他のテナントはともかくも、KUNSANを含めた在大連日本人のもっぱらの関心事は、地下1階に出店する「しんせん館」。日本企業である石橋水産さんが上海を中心に中国各地で展開しているスーパーマーケットで、日本食品・食材を数多く扱っています。北京にもありますが、東北地方では大連が初めての出店となります。KUNSANが上海的朋友の所に遊びに行くたびに大変うらやましく思っていたので、「しんせん館」の大連進出を心待ちにしておりました。とはいえ、当初のオープン予定だった12/20が1/20に延期になっており、これまた中国式にこれ以上遅れることも十分考えられます。せめてKUNSANが3月末に帰国するまでにはオープンして欲しいなあ。。。


一听音楽。
この休暇を利用して普段サボリがちな中国語学習に身を入れようと、授業で使っているテキストを広げたものの、すぐに眠気が(笑)。これではいかんと、ネットで中国語の音楽を聴くという勉強法に改めました(勉強と言うよりも次にKTVに行くときのための練習かな・・?)。

特に、「一听音楽網」は、ヒットチャートの新曲もちょっと古めの曲も、加えて日本のアーティストの歌まで網羅している優れものサイトです。しかも、日本ではせいぜい30秒ほどのネット試聴が、ここではフルコーラス聴けます(←もはや試聴ではない。。)。しかもカラオケ風に歌詞も表示されるので、繰り返し聴いて、ピンインや発音の練習をしてます。そういえば、今年日本でヒットして、紅白にも出場するこのアーティストの曲もこんな感じでカバーされてました(KUNSANは中国語バージョンの方が好きかも・・・)。

その他のKUNSAN流中国語上達法としては、携帯のショートメール(短信)を同僚や友達(日本人、中国人問わず)と送り合うこと。文法が100%正確ではないにしても、単語や前後の文脈からなんとなく理解し合えるものです。たまにKUNSANの理解度が怪しいときには、ちゃんと向こうから電話がかかってくるし(笑)。今さらですが、語学習得のためには間違いを恐れず、実際に口に出して言ってみる、歌ってみる、書いてみることが大切なんだと感じています。


ツボ。
一年の疲れを癒すために整体に行ってきました。思えば6月に腰間盤突出(=椎間板ヘルニア)を患ってから定期的に通うようになりましたが、整体、いわゆる中式按摩はKUNSANの大連生活には欠かせないものとなりました。初めの頃は、「気持ちがいい<痛い」という図式でしたが、しだいにその痛さがクセになってきて(決してMって訳じゃないですが・・)、今では「痛くないと物足りない」と感じてしまうほど。ちなみに今日のうめきポイント(笑)は、「肝臓、胃腸」のツボでした。忘年会続きだった今月の生活を振り返れば、さもありなん・・という感じ。KUNSAN、この年末年始は運動と食生活に気を付けて(特にお酒はなるべく控えめに)、健康な肝臓、胃腸を取り戻したいと思います!

辛苦了!。
本日仕事納めでした。とはいえ、中国のお正月といえば春節(来年は1/26になります)ですので、街の雰囲気も年末という感じが全くしないですね。違和感という意味では、ここのところニュースで日本の不況ぶりが毎日のように伝えられていますが、中国にいるとなかなか実感として感じられないですね。大連(中国)が世界的な不景気の影響を全く受けていないとは言わないですが、そのインパクトの大きさが日本とは違うせいでしょうか。ともあれ、本日仕事納めだった方(そうじゃない方も)、今年一年辛苦了!来年も希望を持って頑張りましょう。

さて、明日からなんと9連休ですが、KUNSANは年末の忙しさ(特に夜の)に追われて旅行の計画を立てる暇もなく、結局大連に残って年越しすることにしました。考えてみれば、あと数ヶ月しか大連にいられないので、これまで行ったことのない所に行ったり、やったことのないことに挑戦したり、今後の人生について考えたり(?)、のんびり連休を過ごすことにします。とりあえず、明日は1年の疲れを癒しにマッサージに行かなきゃ。


圣誕快楽!。
schristmas.jpg

Have Yourself a Merry Little Christmas。
大連でのクリスマス・イブ・・・。今夜は同僚たち(=他に予定のない淋しい者同士)と飲みに行きました。日本料理店だったんだけど、店員さんはみな電飾付きのサンタ帽をかぶっての接客。。。不景気の波が、例外なく大連にもヒタヒタと忍び寄っている今日この頃、このシーズンだけは少し浮かれた気持ちになるのもいいかな・・・。

帰宅後は、毎年恒例になっている木住野佳子さんのクリスマス・アルバム「My Little Christmas」を聴いて過ごしています。思えば、去年のクリスマスは赤坂のサントリーホールに彼女のライブを聴きに行ってたんだよな~。東京でのクリスマス、大連でのクリスマス、それぞれが感慨深いものがあります。。。

木住野さんのアルバムにも入っている「Have Yourself a Merry Little Christmas」。クリスマス・ソングの定番で、KUNSANはローズマリー・クルーニー(←ジョージ・クルーニーの叔母さんね)が歌うバージョンが好きですが、原曲はジュディ・ガーランド(←ライザ・ミネリのお母さんね)主演のミュージカル映画「若草の頃」のナンバーです。



クラブW杯。
先ほど忘年会から帰って来ました。いや、さぶいのなんのって!
天気予報で言ってたとおり、余裕でマイナス10度はいってるでしょう。でも、これこそが真の「大連の冬」なのかも。

今日は日本でクラブW杯の3位決定戦&決勝があったんですよね。思い起こせば1年前、KUNSANも甥っ子を連れて横浜国際競技場まで観に行って(別ブログの2007年12月の記事参照)、ACミラン優勝に歓喜しましたよ~。あの夜も結構寒かったけど、今日の大連に比べれば全然暖かいです(笑)。中国では観られないと半ばあきらめていましたが、通りすがりの親切な方のおかげで、ほんのちょっぴりライブ感を楽しむことが出来ました。

1221005.jpg


1221004.jpg


マンUと言えば、元マンUのベッカムがミラン入りしたんですねー(来年3月までの期限付き)。ロナウジーニョはともかく、ベッカムは今さら・・・って感じですけど。来年のクラブW杯の出場を決める2008-2009シーズン欧州CLは先日決勝トーナメントの組み合わせが決まりましたね。今日世界一に輝いたマンUは、なんと一回戦でインテルと対戦!KUNSANの好きなフィーゴはいつまで現役でいてくれるのか分かりませんが、来年のクラブW杯ではインテルが来てくれないかな~・・・。


酒瓶套。
日曜日のお昼どき。アパートの窓から外を眺めると、なんだかいつもより歩いている人が少ないような・・・。そういえば、天気予報では「今日の最低気温は-13度、最高気温は-6度」となっている。。。今夜はまた忘年会に出かけなければいけないので、それまでは室内でヌクヌクと高校駅伝など見て過ごすことにします。

さて、昨日、「双興商城」まで出かけて買ってきたのが、中国ではポピュラーなお土産の「酒瓶套」。いわゆるボトルカバーと言うんでしょうか?ちなみに1枚=4元でした。画像左が使用前、画像右が使用後。帽子(しかも辮髪付き!)が可愛いですねー。寒い日が続きますから、ワインボトルにも服を着せてあげなきゃね。

1220008.jpg1220010.jpg



沙糖桔。
外の寒さにも負けず、午後から大連駅裏(北口)にある「双興商城」(ショッピングセンター)まで出かけてきました。4階はいわゆる雑貨売り場のようになっていて、この時期、クリスマス用品やらお正月(新年)用品やらが色々と売られていて、多くの客でごったがえしていました。ワンフロアだけでもかなり広く、半分見るだけでも軽く1時間はかかります(笑)。

建物を出て、商城北側の自由市場へ。かなり大きな市場で、地元っ子には「大菜市」と言われ親しまれています。大連ならではの海鮮売場は一見の価値あり!です。とは言っても、KUNSAN、魚を買っても自分でさばけないので、その代わりに沙糖桔とリンゴを買いました。

1220002.jpg


1220007.jpg


沙糖桔というのは、簡単に言えばプチミカン。普通のオレンジと比べてみると、その小ささがお分かりになるでしょうか?(画像参照)。日本では全く見かけたことはないので、中国だけにしかないのかな?一個一口で食べられるぐらいの小ささですが、結構甘くてクセになります。これだけ買って5元(約70円)なのですが、あっという間に食べきってしまいそうです。

冷暖人間。
今夜も友人とご飯を食べに行く約束をしていたのですが、急にキャンセルになったので、久しぶりに早く帰宅して自宅でのんびり過ごしました。本当はクラブW杯「マンUvsガンバ」が見たかったのですが、当然中国では放送されないので(NHKのニュースでも放映権がないため見られず・・・)、代わりに「篤姫」の最終回をようやく視聴。大連では日本のテレビ番組はNHKしか見られないこともあってか、駐在員の間でも「篤姫」人気はかなりのものでした。年末の総集編も楽しみです。

KUNSANが「篤姫」の中で特に好きだったのが奈良岡朋子さんのナレーター。あの声の落ち着きと温かさは、普通のアナウンサーでは出せない域です。奈良岡さんと言えば、橋田壽賀子ドラマ(「ありがとう」とか)の常連ですが、中国のCCTVでも橋田ドラマの定番「渡る世間は鬼ばかり」が放送されています(ちょうど明日の夜から第4シリーズがスタート!)。中国語タイトルは「冷暖人間」。うーむ、意味が分かるようで分からない・・・。簡潔に「渡鬼」でいいのではないかと思ったりして(笑)。第4シリーズということは、KUNSANが奈良岡さんとともに好きな山岡久乃さんもまだ出演しているし、年末年始は「渡鬼」で楽しもうかな?


中国版ぐるなび?。
相変わらず、忘年会&外食の日々が続いております。。。大連でご飯を食べに行こうというときには、大体「コンシェルジュ」「ウェネバー」といった日本人向けフリーペーパーで情報を仕入れることが多いのですが、最近はそれに飽きたらず、地元っ子による採点式グルメサイト、言ってみれば「中国版ぐるなび」でお店検索してます。行く行かないはともかく、コメント読んでるだけでも結構面白いですよ。

(中国雅虎口碑網)
http://bendi.koubei.com/dalian/searchstore--category-4
(大众点評)
http://www.dianping.com/

最近、街を散歩しているときに見つけた「瘋狂烤翅」というお店。「瘋狂」と言うのは、「気が狂っている、狂気じみている」といった意味なので、この店で食べたら一体どうなるんだろう!?とまさに気が狂うくらい気になっていたんですが、上記中国版ぐるなびサイトで調べてみると、どうもやたら味が辛いらしいですね(だから「「瘋狂」か・・?)。「辛いものが好きな人は一度挑戦してみるべし!」とかコメントが書いてありますが、点数はおしなべて低いですね(笑)。大連在住の方、挑戦してみてはいかがでしょうか!


失敗者?。
中国語の老師が今月から変わりました。今回は日本語が全く話せない老師ですが、時には筆談や英語も交えながらお互い必死になって意思疎通をはかろうとするので、毎回スリリングではありますが(笑)、大変勉強になります。老師も最近日本語を勉強しているらしく、時々「これは日本語でなんて言うの?」と聞いてきます。老師が間違った日本語を使ったりすると、KUNSANは自分のことは棚に上げて、「もっと頑張って勉強しないとね!」とここぞとばかり逆ダメ出ししてます(笑)。お互い老師の関係ということですね。

今日は、日本で流行っている言葉(老師は既に「KY」を習得)を教えて欲しいというので、先日「流行語大賞」を取った「アラフォー」「流行語。」参照)を教えてあげました。KUNSANもドラマ自体を見ていないので想像でしゃべったところもあるんですが、「まだ結婚していないけど、仕事に恋に頑張る40歳前後のカッコイイ女性」のこと(ですよね?)。適齢期に結婚していない女性という意味では、ちょっと前の流行語で「負け犬」「負け組」なんて言い方もしてました。

「負け犬」「負け組」を中国語で置き換えると「失敗者」の意味に近いかなーと言っていましたが、老師のリアクションから見て、「女強人(キャリア・ウーマン)」も多く、日本よりも女性の社会進出が珍しくない中国では、結婚していないからという理由で良くないことのように言われる日本の風潮がまずピンと来てない感じがしました。それにしても「失敗者」というのも、なんかインパクトある言葉だなぁ~(笑)。

駆けつけ三杯。
前にも書きましたが、12月になってからというもの、仕事でもプライベートでも忘年会と称した飲み会が立て続けです(笑)。今日も他の会社の忘年会にお呼ばれしてきました。参加社員約1,000人(!)というだけあって、それはもう想像を絶するスケールの大きさ!聞けば忘年会は午後2時から始まっているとあって(踊りや歌の余興があったようです)、周りのテンションに若干気圧されてしまいました(笑)。

ゆっくりご馳走を味わいたかったんですが、次の予定が入っていて1時間足らずで退席することに。そこは中国・東北ですから、食べるのもそこそこに「乾杯!」攻撃です(笑)。周りのテンションに負けないように、また、KUNSANも週末でちょっとお疲れ&切れ気味だったので、アルコール度数約50度の白酒で迎撃モード。まさに駆けつけ三杯でしたー。明日は土曜日だし、とりあえず今夜はバタリと倒れてもいいかな(笑)。

同志。
中国で「同志」というと「共産党(の仲間)」というイメージがありますが、イマドキの若者はそういう意味での「同志」はほとんど使わないそうです。では、どういう意味で使っているかというと、「同志=同性恋」(←文字を見れば意味分かりますよね?)なんだそうです。男女どっちでも使えるそうですが、どちらかというと男性のことを指すことが多いとか。(例えば、「同性恋酒吧」=「ゲイバー」。)

日本でも最近「おねえキャラ」タレント(←真の同性恋者かは知りませんが)の人気があったりして、一般的には、昔ほどの抵抗感はなく社会に受け入れられているように思いますが、ここ中国でも少しずつ「同性恋」は接受されているそうです。それにしても、都会の上海や北京ならともかく、まだまだ古い体質が残る東北&大連にはいないだろうと思いきや、KUNSANの知り合いが、バスの中で女性用カバンを持ち、しかもお化粧をしていた男的人を目撃したそうです。目撃した彼女はびっくりした!と語っていましたが、これって自己を主張できる自由な風潮が中国でも少しずつ広まりつつあるという意味で、いいことなのでは?と個人的には思うんですが。。。


媽媽咪呀!
1206026.jpg


NYのブロードウェイで観劇&感激したミュージカル「マンマ・ミーア!」「NY日記【ミュージカル編】」参照)の映画版DVDを入手(正規かどうかはちょっとビミョーな感じですが・・・)しました。

日本では来年1月末に公開予定(公式サイト)ということで詳細は省きますが、見所は、映画化されてスケールが増した解放感&お気楽さ(笑)、そして、ドナ役のオファーに即答した名女優メリル・ストリープの熱演でしょうか。午後からさむ~い瀋陽へ行くので、余計に陽光降り注ぐ美しいギリシャの島々へ逃避行したい気持ちになりました(笑)。


忘年会。
今夜は大連日本商工会の忘年会(@シャングリラ・ホテル)に参加しました。公式の統計では、大連には約4,000人の日本人が在住していることになっていますが、今夜はそのうち約1,000人ぐらいの方が集っていたんでしょうかねー。いやはや、大連に赴任して以来、たくさんの日本の方とお会いした気になっていましたが、改めて大連の日本人率の高さに驚きました。

あまりの人の多さになかなか食べ物にありつけず(ビュッフェスタイルだったので)、ワイン、ビール、ウィスキー・・・と飲み倒していたら、ちょっとハイな状態になってしまいました(笑)。楽しみにしていた大抽選会では、残念ながら豪華賞品はあたりませんでしたが、敗者復活抽選でお楽しみ袋(日本酒!、辛ラーメン、おでん、かっぱえびせんetc.)をゲット。ちょうど、かっぱえびせんが食べたいなーと思っていたので(ほんとに)、Just Timingでしたー!

1206006.jpg


烤地瓜
この寒空の中、我慢できずに路上の屋台で買っちゃいましたー。

1206002.jpg


1206003.jpg


中国の路上や市場で野菜や果物を買うときには、「一斤(=500グラム)多少銭(=いくら)?」という聞き方をします。例えば、KUNSANが「じゃあ、3本ね。」と言うと、店のオヤジはそりゃ重たそうな芋を選んで袋に入れる訳です(笑)。けど、こんなどでかい芋3本でもたったの10元(約150円)。日本の「いしやき~いも、おいも~」の値段と比べると随分安いです。お味の方は、多少水っぽくはありますが、まあまあという感じです。


でらさむい!。
寒気再来!今日の大連は零下の世界(マイナス10度ぐらいになってたのかなー?)&時折吹雪くでらさむい日でした(この寒気、日本に移動中でしょうか?)。KUNSANの住んでいるところから職場までは歩いてもせいぜい15分ぐらいなので、まだ我慢できる範囲なんですが、問題は寒さだけではないんですよね~。

怖いのは凍結している道路。こちらではスタッドレスタイヤなんてものはなく、ないくせに徐行もせずに突っ込んでくるので、車のスリップ事故がほんとに心配です。信号を渡るときでも、サイドから来る車がもし滑って止まれなかったらどうしようと恐怖感すら感じます。来週から瀋陽に出張(しかも高速道路で!)なんですが、大連より一段と寒い瀋陽から無事に帰ってこれるでしょうか・・・(笑)。

昨天、今天、明天・・・。
今週は昨日、今日、そして明日と飲み会続きです。。。日本にいても中国にいても、師走がしょわしない(←方言?)のは同じみたいです。

今年の年末年始は9連休ですが(中国にあっても日本の会社なので、年末年始休暇は一緒です)、せっかくなので日本には帰らないで一人旅にでも出ようかなーと計画中。今のところの候補は、敦煌、成都、杭州、広州、雲南、海南島あたり。大連が寒いので、なるべく暖かい所に行きたい(笑)。中でも雲南は、去年東京で「雲南の少女 ルオマの初恋」(チアン・チアルイ監督)を見て以来ずっと気になっている場所です。そういえば、昨日、会社の運転手さんに「雲南に行きたいんだけど、どんなところ?」と聞いたところ、「チャン・イーモウが映画を撮ったところだよ。」と言っていました。チャン・ツィイーの「初恋がきた道」かな?と思って、帰宅してから調べてみたところ、健さん主演の「単騎、千里を走る。」のロケ地だったんですね~。ますます行きたくなってきました。

流行語。
今日から12月。大連でもクリスマスの華やかな装飾をあちこちで見かけるようになりました。でも、KUNSANが通っている中国語教室が入居しているホテルは、ローカルだからなのか、ツリーのツの字もなく。。。まあでも他の5つ星と言われるホテルがゴテゴテデコレーションをしている中で、流行に流されない姿はかえって好ましく思えたりして(ただお金がないだけかもしれませんが・・・)。

流行といえば、日本では恒例の流行語大賞の発表があったようですね。今年の大賞は、「アラフォー」「グ~!」。日本から離れていることもあって、流行語がほんとに日本中に浸透していたのかイマイチ実感できませんが、ドラマの「アラフォー」の方は早く見てみたいですねー。そういえば去年の12月1日は、天海氏が出演していたミュージカル「テイク・フライト」を観に行ってたんだよな~。。そう思うと、1年たつのが太快了!

中国でも毎年、その年の流行語を発表しているらしいですけど、今年はやっぱり「奥运会(オリンピック)」でしょうかね・・・?