FC2ブログ
KUNSANの大連生活的日記
1年間(2008.4~2009.3)の大連生活的日記&帰国後のよもやま話etc.
プロフィール

DALIAN93

Author:DALIAN93
你好!看看我的日记吧!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童公園
腰痛の再発防止のためというのもあるんですが、車に乗っていると気付かない風景が楽しめるので、最近は”大連ウォーキング探検”にハマっています。今日もいいお天気だったので、いざ散歩散歩!

1130002.jpg


南山路沿いに植えられている柳(たぶん?)がなかなか風情があります。この道から南に行くと、日本からの留学生も通っている大連外国語学院があります。ちなみに昨夜は大外近くの「25小時KTV」「KTV。」参照)で23時まで熱唱してました(笑)。画像の奥に見えているイスラムっぽい建物は、核電大厦と書かれていました。「核電」とは「原発」のことですが、一体何してるビルなんだろ?

南山路を東へ進むと、児童公園に辿り付きます。初めて来たんですが、なかなかいいですねー!ニューヨークのセントラル・パーク・・・には負けますが(笑)、労働公園より人も少なく静かで落ち着けます。本でも持ってきて一日のんびり過ごしたい気分になりました(これから寒くなってくるけど・・・)。

1130008.jpg


1130011.jpg


児童公園の北側にはヨーロッパ風の洒落た建物が建ち並んでいます。街の名前も清爽街だし(爽やか!)高級住宅地なんですかね?その後、五五路を北上して、三八広場→家楽福(カルフール)でお買い物。ココアが欲しかったんですが見つからなかったので、インスタントの巧克力珈琲(チョコレートコーヒー)を買ってみました。味は、差不多かな・・・。


スポンサーサイト
ワッキー。
今夜は同僚と焼き鳥のお店へ(炭火亭ではありません)。KUNSANの地元で最も有名な焼き鳥屋さんと同じ店名ですが、関係は全くないみたい。もしかしてパクリ?(笑)。とはいえ、なかなか雰囲気もよく&美味しくて合格点。あくまでも想像ですが、もしかしてうちの地元の焼き鳥屋に行った(またはバイトしていた)ことのある大連の人が始めた店なのかもしれませんねー。それにしても大連の日本料理屋さんに行くと日本語の上手な店員が当たり前のようにいて、毎回驚かされます。今日の店も見たところ店員はほぼ全員中国人なのに、8~9割の日本人客を上手にさばいているのは立派。しかも、一人、ペナルティのワッキーにそっくりな店員もいたりして(笑)。細かいところでも現地化が進んでおります・・・・。

大連もだんだん寒くなって行動範囲が狭くなると、どうしてもレジャー=グルメへと移ってきます(ちなみに雪国出身のKUNSANはスキーが滑れません・・)。大連生活もあと4ヶ月。今後は知られざる大連のB級グルメを発掘していきたいと思います!


成語。
その昔、漢文の授業で「四面楚歌」とか「臥薪嘗胆」とか習いましたよね。いわゆる中国の故事や史書から作られた熟語(大体4文字ですが)を成語といいます。KUNSANの中国語の老師は、まだ若いのにやたら成語に詳しいんです。なんでも、中国では小学校から大学までずっと成語を習うんだとか。普段の会話ではあまり使わないみたいですが、ある意味自国の文化を学ぶということなのでしょうか?

KUNSANも勉強のため、昨日新華書店に行って、「成語詞典」(小学生用)を買ってきました。小学生用だからと言って侮ることなかれ。辞書には小学生常用成語として約3,600語が収録されていますが、四字熟語には強いと自負していたKUNSANも(一応、漢字検定準一級資格あり)さっぱり分からない成語だらけ。ちょっぴり六神無主(※)状態です(笑)。

(注)六神無主=六神(道教でいう心・肺・肝・腎・脾・胆に宿る神)がいなくなってびっくりする様から、焦ってどうしていいのか分からず、パニック状態になること。


紅葉(回想)。
零下の日々&初雪・・とこのまま冬に突入してしまうかと思われた大連ですが、寒気も緩んで今日あたりは比較暖和的一天でした。日本の方では今週末は3連休なんでしたっけ?そういえば、去年の今頃はふらりと新幹線に乗って奈良→京都→滋賀へと「紅葉&仏像巡りの旅」に出かけたんだっけ(別ブログ「KUNSANのType-B的ダイアリー」の2007年11月分記事参照)。京都の大学を卒業して以来、毎年必ず一度は関西に足を伸ばしているんですが、今年は残念ながら行くことが出来ませんねー・・・。ということで、気分だけでも関西の紅葉を観に行ったつもりになろうかと画像だけ。

200711 076

↑滋賀県・金剛輪寺


京都&奈良はどこへ行っても人が多いと思いますが、KUNSANのオススメは滋賀県の湖東三山西明寺金剛輪寺百済寺)。湖東三山の他にも滋賀県にはシブい仏像が多くて、日本に帰ったら是非仏像巡りをしたいスポットでもあります。


自画自賛。
一人暮らしをしていると、日本人・中国人問わず、「ちゃんと自炊してる?」とよく聞かれます。「作ってません。」と答えるのもなんだか癪なので(実際ほとんど作ってないんですけど)、気分転換も兼ねて週末ぐらいはなるべく料理するようにしています。で、今夜は久しぶりに肉じゃがを作ってみました。

081122_1926~0001


居酒屋ではよく食べていますが、自分で作るのは大連に来てから初めて。しかも泡盛を飲みながら作っていたので途中味付けが怪しくなってしまいましたが(笑)、「だしつゆ」のおかげでまあ無難に美味しく仕上がりました。今日の材料(じゃがいも、にんじん、玉ねぎ)がまだ残っているので、来週はカレーライスかな・・・。

そういえば、中国(東北)の男性は奥さんや彼女のために料理を作ってくれる人が多いと聞きます。日本からの駐在員の中には単身でいらっしゃっている方も多いんですが、男性でも自分で魚をさばいて料理をされる上級者も。KUNSANの理想はクッキング・パパなので、大連でそういう人と巡り会えたらなーと密かに期待してます(笑)。


没想到!
11180022.jpg


いやはや、冷え込むのは覚悟していましたが、雪が降るとは没想到!昼過ぎには止みましたが、午前中の大連はうっすらと雪化粧しました。日本でも初雪が降ったところがあったみたいですが、一時的な寒気なんですかねー?これがずっと続くと大変つらいです(笑)。

地元の子と話していたら、大連は雪が降ってもほとんど積もらないんだそうです。たまに積もるとバスやタクシーなど交通が麻痺しちゃうとか(東京でもそういうことありますよね)。雪国育ちのKUNSAN、雪道の歩き方が分からないという大連人に転ばない歩き方をしっかり伝授してあげました。

零下。
大連は昨夜から急に寒くなりました。。。朝、水たまりに氷が張っていたぐらいだから、氷点下になっているんでしょう。KUNSANの地元もいわゆる雪国といわれるところなので、多少寒くても何とか耐えられるだろうと思っていたんですが、この寒さは日本では体験したことがない種類の寒さかも・・・。大連は海が近いので風が強くて、しかもやたら冷たい!頭皮の穴から冷気が突き刺す感じです(笑)。マフラーを真知子巻きにするか、あるいはロシア人街で売っている毛皮の帽子をかぶらないと。。。でも、室内に入れば暖房が効いて暖かいです(大連では11/15から暖房が入るようになりました)。この急激な温度差で血管切れないように気を付けなきゃ。。。ちなみに天気予報によると、明日の気温は-5℃~-2℃・・・ってことは一日中零下な訳!?


三度目の正直。
週末、日本から客人が遊びに来ていたので、今日は一緒に旅順観光に出かけてました。これから寒い冬に突入して知人・友人が大連を訪ねてくることはあまりないだろうから、大連赴任中に旅順に来るのも今回が最後かなぁ・・・と思って、過去立ち入ることが出来なかった「旅順博物館」「旅順。」参照)に再トライしてみました(注:「旅順博物館」は外国人立ち入り制限区域内にあるため、旅行会社を通さないと基本的に入館できません。)

1116001.jpg


相変わらず入口で見張っている私服警官の厳しい視線にビビりながらも、ガイドさんの交渉のおかげで今回はなんとか入館できました。噂どおり、お宝揃いでした~。特に「仏像の間」(←勝手に名付けました)は、テンション上がりましたね~(笑)。残念だったのは、楽しみにしていた大谷探検隊が見つけた吐魯番(現在の新疆ウイグル地区)のミイラが見られなかったこと!なんでも、潮風の影響で傷むので倉庫にしまってあるんだそう。。。他の展示品もそうですが、ちゃんと設備を整えて陳列した方がいいんじゃないかと思います(外国人にも公開すればもっと入場料が集まるのに・・・)。せっかくのお宝なのにもったいない!

その後、お馴染みの203高地へ。KUNSAN、旅順に来るのは今回三度目でしたが、今日ほどいい天気に恵まれたのは初めて。いつもは曇って見えない旅順港が203高地からはっきり眺めることができました。こうやってみると、旅順港が軍事的に重要な拠点だった理由(湾口入口が狭くなっていて、船が侵入しにくいetc.)が分かる気がしますね。

1115005.jpg


三度目の正直で、旅順博物館も入れたし、旅順港もくっきり眺められて、今回の旅順観光はかなり満足しました。一方で、車中から眺めているとものすごい数のマンションが建設中だったり、経済開発区も出来ていたりして、来るたびに旅順の発展の勢いを感じます。近い将来、旅順が外国人にも全面開放されてインフラやレジャー施設などの整備が進めば、かつては軍事的な要所であった旅順が今後は経済的に重要な地になるような気がします。10年後の旅順が果たしてどうなっているのか、今から楽しみです。


KTV。
本日も中国語の授業に出席。中国語の老師が眠そうな顔をしていたので、「何時まで遊んでたの?」と尋ねたところ、「朝の5時半までKTV(カラオケテレビ=カラオケボックス)で歌ってました。」との答え。奇しくもKUNSANも昨夜はKTVに行っていたので、しばし会話はKTVのことに・・・。

日本のカラオケボックスの場合、部屋からフロントに電話をして飲み物やおつまみを持ってきてもらいますが、中国のKTVの場合は店内にあるコンビニ(?)で買い物してから部屋に持ち込むというシステム。ただし、通常のスーパーで売られている価格よりお高いので、老師のような大学生はカバンの中にこっそり飲み物&食べ物を忍ばせて持ち込むんだそうです。

中国のカラオケだけあって当然中国語の歌ばかり。途中ハミングを交えつつも(笑)、語学の勉強も兼ねて頑張って歌っております。老師に聞くと、大連外国語学院(略して、大外と呼ばれています)の近くにある「25小時KTV」(25時間営業ってことですかね?)には日本の歌もたくさん入っているんだとか。大外には日本語学科に通う生徒も多いからかな?場所柄、価格も学生さん価格で安いみたいだし、今度、若者に混じって行ってこようかな・・・。

合味道。
体に良いことではありませんが、疲れて帰宅してご飯を作る気力が無いときには、ついついインスタント&カップラーメンのお世話になってしまいます。。。康師傅、今麦郎、統一(←これは台湾かな?)、辛ラーメンで有名な韓国・農心といったスーパーでよく見かけるメーカーのラーメンはひととおり食べてみましたが、KUNSANの個人的な感想としては「中国のインスタントラーメンは日本のより美味しいのではないか」という結論。価格も1袋2~3元(約30~45円)だし。なんで美味しいのか突き詰めると、やばい結果に辿り付きそうで怖いですが(笑)・・・。

それでも一番安心できるのは、他のよりちょっとお高い(7元ぐらい?)日清のカップヌードルでしょうか?中国でのカップヌードルの商品名は「合味道」と言います(ちなみに日清は、袋ラーメンでは「出前一丁」を作っています)。中国にももちろん日清の工場がいくつかあって(地場企業を合併したりして手広くやっているようです)、今日食べたのも広東省の工場で作られたものでした。味は日本で売られているものと全く同じ・・・とまではいきませんが、これなら亡き安藤百福氏も及第点はくれるでしょう。

合味道に限らず、中国のインスタントラーメンはフレーバーが多彩&中国っぽくて(香辣牛肉味とかXO醤味とか)なかなか面白いです。時にはハズレることもありますが(笑)・・・。最近食べた中でヒットだったのは、統一の西紅柿(トマト)味かな。


光棍節。
本日11月11日は、中国では「光棍節=独身の日」と言うらしいです。シングルが4つ並ぶ、つまりは淋しいの4乗ってことですか!?そもそも「光棍」は男性の独身者を指す言葉のようですが、この日は独り者同士の男女がパーティーを開催したりして過ごすんだとか。

もともと中国で始まったのか欧米から伝わったのかは分かりませんが、大学生の老師が子供の頃に始まった割合最近のイベントのようです。まあ、日本のバレンタインデーがお菓子メーカーに仕組まれたように、歴史的というより商業的な目的で楽しまれている記念日なんでしょうね。

ちなみに老師に普段そういうパーティーとか合コンをやるのか聞いたところ、「知らない人と一緒に合コンなんて恥ずかしくてやらないです。」とシャイな東北人らしいお答え。それに加えて、あまりAA制(割り勘)が普及していない東北地方では、合コン費用を若者一人が負担するのは大変、あるいは次の支払いは誰がする?(←もう2度と会わないかもしれないのに)という理由もあるのかな?

緑色食品。
11/7~9まで星海会展中心(旧館)で開催されていた「2008中国東北地区緑色食品博覧会」に行ってきました。「緑色食品とは一体なんぞや・・・」と突き詰めると正確に説明できる人はあまりいないと思いますが(笑)、簡単に言うと安心・安全で体にいい食品ということでしょうかね。ただ、今日のイベントについては「どこらへんが緑色食品の博覧会なの?」と一抹の疑問を感じましたが、食品の即売会としては大変賑わっていたと思います。

博覧会には日系の食品加工企業も出展していたのですが、日本から輸入してきたものはやはり高いので(←最近、金銭感覚が現地化してます・・)、日本人の指導のもと、中国で製造しているイカの塩辛を買ってみました。これが抜群に旨い!今夜は今シーズン初めて新米を炊いてみたんですが、ツヤツヤの新米にイカの塩辛!いや~、これはごはんがすすむくんですな(笑)。

せっかく緑色食品博覧会だし・・・ということで、野生の枣(ナツメ)で作ったお酒も買ってみました。薬用酒みたいな味ですが、まあまあ美味しいです。ナツメは大連ではポピュラーな果物で、見かけも味も小さなリンゴに似ていて、KUNSANは結構好きです。ナツメは生薬としても知られていて(不眠症・貧血・精神安定・滋養強壮などに効果があるそう)、韓国料理の参鶏湯にも入れられていますよね。ちなみに、中国では結婚したばかりの夫婦の布団にナツメを蒔く習慣があるとか。これは、「いい子が早く授かりますように・・」という意味の「早生貴子」「早(zao)」「枣(zao)」が同じ音だからなんだそうです。

U盤。
午前中、中国語の学校に行ってきました。例の現役男子大学生の老師(「緊張。」参照)に日本帰国時にブックオフで買った「名探偵コナン」をお土産としてあげたら、大変喜んでくれました。中国の若い子たちの間ではやはり日本の漫画・アニメが人気なようで、コナンの他には「ドラえもん」「NARUTO」「クレヨンしんちゃん」「ちびまる子ちゃん」etc.といった作品が人気があるそうです。日本でもPTAのウケがよくない「クレヨンしんちゃん」は、当然CCTVでは放送されず、もっぱらネットで見てるんだとか。

KUNSANはまだ行ったことがありませんが、中国にも「网吧(ワンバ)」(←ネットカフェみたいなものですかね)があって、そこでダウンロードしたアニメ・動画などを自ら持参したUSBメモリや外付けハードディスクに保存して持ち出し、自宅のパソコンでゆっくり鑑賞するんだとか(彼が住んでいる寮はネット速度が遅いらしいので)。「そんなことして店の人に咎められないの?」と尋ねたところ、「中国では規制する法律がありませんから。」と屈託のない笑顔で答える老師。この悪気のなさが中国のいいところでもあるんですけどね(笑)。そういえば、日本では最近著作権詐欺で捕まったミュージシャンがいますね・・・。

それから老師は、KUNSANが持っていたUSBメモリ(=中国では「U盤」と言うらしいです。)を見て、「中国のU盤はもっと容量が大きくて、携帯のストラップとして付けられるぐらいサイズも小さいです。お土産のお礼に今度プレゼントしますよ。」と言ってくれました。「そんな高いものいいよ。」と遠慮したら、「安いですから大丈夫です。」と。確かに後でネットで調べたら、2GのU盤なら大体30元(約450円)ぐらいで買えるみたいですね。でも、U盤もらったとしても、网吧にも行くことないし、使い道はないけどな・・・(笑)。

立冬。
今日は立冬でしたね。大連も今日はかなり冷え込みました。歩いていても立ち止まりたくないくらい風が冷たい・・・。暖かかった上海から帰ってきたばかりだけに、余計寒さが身に染みます。なんでも大連では11月半ばにならないと暖房が入らないらしいので、ここしばらくは我慢のしどころでしょうか?・・・。寒い季節を風邪をひかずに乗り切るため、今日の夕飯はキムチ雑炊を作って食べました。いやー、満足満足。去年の意外に寒かった東京の冬もこれで乗り切りました。心配なのは、キムチ雑炊に欠かせない「キムチ鍋の素」(←先日帰国した際に買ってきました)がこの冬の間もつかということ。まあ、大連には韓国料理屋さんも多く、韓国食材も手軽に入手できるので、無くなったら代用品を見つけることにします。

上海再訪(後編)。
この季節の上海といえば蟹!ですよね~。残念ながらフルコースを食べる時間は(お金も)ありませんでしたが、せっかくなのでランチに蟹料理は食べてきました。

1104004.jpg

蟹味噌豆腐は濃厚なお味で非常好吃!フルコースじゃなくてもこの一品だけで十分です。ちなみに空港ではお土産用の上海蟹が売られていました。本物の上海蟹かどうか分かりませんけど・・・。

1103026.jpg

先週日本に帰った時には時間がなくてユニクロに行けなかったので、正大広場の上海店に行ってきました。大連での寒さ対策のため、ヒートテックのシャツと厚手の靴下を買ってきました。価格は日本のユニクロに比べると若干高めかな。。。ちなみにこの付近には、森ビルが建てた中国一の高層ビル=上海環球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター、略してSWFC)があるんですが、高所恐怖症のKUNSANはもちろん上らず(笑)。10/25に本格オープンしたばかりなので長い行列が付いているらしいですけど。

1105022.jpg


今回上海の街を歩いていてよく見かけたのがこれ。ずっとスポンジ・ボブかと思っていたんですが(笑)、実はこれ2010年上海万博のキャラクター、海宝(ハイバオ)。よく考えてみると、2010年まであとわずか1年半ほどなんですよね-。訪れるたびに色々な面で驚かされ、大連と比較して羨ましくなる上海ですが、今後も上海万博のスローガンである「ベターシティ ベターライフ」目指して発展し続けるのかな。


上海再訪(前編)。
上海出張から帰って来ました。太累了。。。先々週の阜新市出張(「遼J。」参照)から始まって、日本、上海と続いた旅ガラス生活もようやく結束了(のはず・・・)。

一人旅とはいえ、上海は2度目(NY旅行時の乗り継ぎも入れると3度目)なのでもう慣れたもの(?)。前回、運転の荒いタクシーに乗って命が縮む思いをしたので(笑)、今回はなるべく公共交通機関および徒歩で移動するようにしました。

1103004.jpg

上海浦東空港龍陽路駅(←地下鉄2号線と直結)の間を結ぶリニアモーターカー。片道50元(普通席)ですが、空港から乗る場合、窓口でフライトチケットの半券を見せると40元に割引してくれます。

1103002.jpg

最高時速約430キロ!(←揺れで画像がちょっとブレています。)龍陽路駅まで約7分と、ほんとに「あっ!」という間に着いてしまいます。最高速度で走っているのはほんの1,2分ぐらいでしょうか?リニアは線路から浮いて走っているので、カーブで微妙に車体が傾くとちょっと怖いです(笑)。

上海での移動はやっぱり地下鉄が便利。でも通勤ラッシュアワー時に乗ってしまったので、東京在住以来の久しぶりの満員電車を経験してしまいました。。。そしてバス。上海のバスは基本的に1元、空調(エアコン)付きの場合は2元(見たところ、ほとんど空調バスでしたが・・)になります。たまに運転手の他に車掌さんが乗っているバスもありました。運賃や乗下車の方法は大連とほぼ同じですが、上海のバスは次の乗車駅が電光掲示板で出て、なおかつ英語でインフォームしてくれるので外国人でも分かりやすいですね。ここらへんはさすが国際都市という感じです。KUNSANはまだまだですが、地下鉄(9路線)&バスを乗りこなせるようになったら、上海生活上級者と言えるでしょうね。

(後編につづく)

紫じゃがびー。
今月は腰を落ち着けて・・・と昨日書いたばかりですが、明日から上海へ出張です。。。なかなか落ち着けないですねぇ~。ということで、今日は風邪をおしての休日出勤。1週間分たまったメールのチェックと出張の下調べなどしていました。普段はスタッフが同行してくれるのですが、今回の出張は一人旅。上海は2回目とはいえ、ちょっとドキドキ(笑)。

上海と言えば、豊富な(少なくても大連に比べて)日本食ですが、日本から物資を調達してきたばかりなので、上海ではそんなに買いあさる必要はないかな。今回日本から持ってきた中でヒットだったのが、Jagabee(ジャガビー)の紫じゃがいも編。

1101002.jpg


見た目は、澱粉にヨウ素溶液をたらした(←理科の実験でやりましたよね)後みたいな変な色ですが、味は普通のジャガビーより濃くて美味しいかも。あっという間に食べてしまいました(笑)。上海の日本食スーパーでジャガビー売ってないかな・・・。

やっと大連。
日本での出張を終え、約1週間ぶりに大連に帰ってきましたー。向こうではほとんど仕事で自由時間もあまりなく(出張なので当然なんですが)、ずっと雨降りで肌寒く(おかげで風邪を持ち帰ってしまいました・・・)、しかもダメ押しで日本出国の手荷物検査でリキッド状の口紅を没収され(日本の空港は厳しすぎます!)、最後の方は「早く大連に帰りた~い」状態でした(笑)。差不多(=いい加減)なKUNSANには大らかな中国の方がなんとなく落ち着くのかも。。。

とはいえ、あと5ヶ月の大連生活に必要な衣料・食品なども追加調達してきたし、HDDレコーダーに毎週録画のセットをしている「天才!志村どうぶつ園」(←これが癒されるんですよね~)をまとめてDVDに焼いてきたし、来年の手帳とカレンダーも買ってきたし、とりあえず日本帰国におけるKUNSANの私的ミッションは達成できたかな。

考えてみたら今日から11月なんですね~。先月はNY旅行やら出張やらで月の半分は大連を離れていましたが、今月からはちょっと腰を落ち着けて、残り少ない大連&中国生活を噛み締めて過ごしたいと思います!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。